【高品質】ドッグフードに迷ったらカナガンがおすすめ|Pet Service

ドッグフードはどれがいい?

愛犬の健康と元気のために、ドッグフード選びはとても重要ですよね。ドッグフードは、大きく分けて2種類あります。それぞれの特徴を踏まえて、ドッグフードを選びましょう。

ドッグフードの種類の比較

ドライタイプ

ドライタイプは、水分量が少なく、カリカリとしています。栄養バランスがいいのも特徴です。安価で賞味期限も長く、わんちゃんのご飯といったらこのドライタイプをイメージする人が多いでしょう。しかし、噛む力が弱い老犬にはあまり向いていません。

ウェットタイプ

缶詰などに売られているこのウェットタイプ。畜肉が原料のため、大好きなわんちゃんが多いでしょう。水分量が多いので老犬のご飯におすすめです。しかし、添加物や保存料を使用しているので与えすぎには気を付けましょう。また、ドライタイプよりもお値段は高めです。

高品質な栄養素!カナガンのドッグフードとは

ドッグフード

プレミアムドッグフードの売り上げナンバー1として、人気の高いカナガンドッグフードはご存知でしょうか。小粒のドライタイプとなっており、主原料はチキンです。カナガンドッグフードの大きな特徴は、穀物不使用でとても高品質という事です。無添加で栄養を豊富に含んでいるので、愛犬の健康に必要な栄養をバランスよく摂取することができます。値段は少しお高めですが、多くの愛犬家から好評のドッグフードとなっています。

カナガンドッグフードの原材料

カナガンドッグフードの原材料は、骨抜きチキンと乾燥チキンを主としています。他には、サツマイモやエンドウ豆、ジャガイモなどです。ドッグフードには、4Dミートや添加物、穀物などあまり健康に良くない成分が使われていることがあります。ですが、カナガンドッグフードには、それらの危険視されている材料は使われていません。原材料のほとんどは、イギリス産となっています。

こんな愛犬におすすめ!

カナガンドッグフードは、成長期の子犬からシニア犬まで多くの愛犬におすすめです。チキンや野菜などの栄養を豊富にバランスよく含んでいるので、日々の元気のもとになるのはもちろん、健康づくりもしっかりサポートしてくれます。タンパク質と脂質が高く、さらに低炭水化物なため筋肉づくりや骨格形成も手助けもしてくれます。そのため、小さな子犬はもちろんのこと、関節が弱いシニア犬にもおすすめなんです。また、穀物不使用なため、穀物アレルギーの愛犬もおいしく健康に食べることができます。しかし、チキンアレルギーを持っている愛犬や体質に合わない愛犬には、与えないように注意しましょう。

広告募集中